チャコペンが消えない!

自然に消える、水で消える、消しペンで消えるなど。描きやすく消しやすいチャコペンは大の愛用品です。チャコよりも細かい線が描けたり、印がわかりやすかったり。印をつけてもキレイに消せるので表地への目印をつける時にも使っています。

ところが、先日チャコが消えないという事態が!私はチャコペンで印をつけた部分にアイロンをすることも多いので原因はそこではないと思うのですが、思い当たることと言えば裏側に接着芯を張り付けたことくらいです。

チャコペンで表地に印つけをした後に裏側から接着芯をアイロンで貼り付けました。その時にチャコペンの印の色が変色したので、この時点で何かが起きたのでしょう。

水で消えるチャコペンでしたが、水洗いしても、変色した色はとれたものの白い跡が残ってしまい何をしてもとれませんでした。もしかすると色が抜けてしまったのかもしれません。

布地に薬品処理が施されている場合、薬品と反応して変色、定着する等のおそれがあるそうです。普通に使っていればとても便利なチャコペン。これからは使い方に気を付けようとおもいます。